ライティングの在宅ワーク

在宅ワークで継続的なライティングの仕事をしていたことがあります。

会社員として働いていた頃に培ったことを多少なりとも活かせると思い申し込んだのですが、学んだり携わっていた業務のことがとても役立ちました。
また、いろいろなキーワードが与えられるのですが、自分が馴染みのない場合もあるため、その場合はインターネッとで情報を集めることが必要でした。

インターネットは情報の宝庫と言われていますが、キーワード関連の正確な情報となると、なかなか厳選されているものだと感じました。
本来ならば書籍を参考にするのが最も良いと思われたのですが、書店へ行く時間や、または図書館で借りてくる時間などがかかるため、締め切りに間に合わなくなってしまうと困るので、ほとんどネットで調べる他ありませんでした。

文字数が1,000文字以上になってくると、大見出しや小見出しをつけたり、画像を検索してフィットするものを選んだりと、1記事を作成するのに数時間は要しました。

次々と新しい記事をアップしているライターさんも多くいたので、自分のライティングスピードが遅い方であることを感じました。

また、読みやすい文章にするというのも必要だったため、推敲作業も行うとなると、全体の構成力も問われてきます。
現在はそちらのライティングは行っていないのですが、作業そのものはとても楽しいものであったため、機会があればまた始めたいなとは思っています。

記事の単価も比較的良いものであったので、もし多く書けるようであれば、収入にも反映されるので、ライティング力を高めるといった意味でも良いトレーニングになると感じます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です